もうすぐ退職して二か月です。
この二か月間、収入も無いのに住民税に泣いたり一応ハロワに通ったりしてました。
まだこの生活が安定したとはとても言えませんが、しばらく過ごしてみて良かったことを書いてみます。



■1.周囲に人がいない

何度か書いているように、私は本当に周囲に人がいる環境で作業をするのが苦手です。

今、私を監視する人間は誰一人いません。

作業状況を後ろからのぞき込まれることも無いし、空調は自由に決められるし、
目の前の人と目が合って気まずくなることも無いし、
誰かの叩くキーボードの音がうるさくてイライラすることも無いし、
周囲の人にどう見られているか不安で仕方なくなることもありません。

トイレに行くのもお茶を淹れに行くのもどう見られるか不安になっていた私にとって
これは非常に重要なことです。



■2.時間に余裕がある

イラストレーターとして働いています。
朝から晩までPCの前に張り付いて、会社員時代より仕事している時間は多いです。
が、圧倒的に時間に余裕があります。
不安になるくらい余裕です。
大丈夫なんでしょうか。10月に忙しすぎて泣くことになったり先方に迷惑かけることになったりしないでしょうか。
いっぱいいっぱい仕事取ってるつもりなんですけど(無理はしないようにしてる)。
体感的なものなのかもしれません。
自由なタイミングで休憩が取れるし……。
つまりスイッチが入ったタイミングで仕事を進められるし、
気が抜けたらその時に休憩できます。
だから効率が上がっていて、心に余裕があるから時間に余裕があると感じられるのかもしれません。

あと以前があまりに心に余裕が無さ過ぎた。



■3.自分の仕事量が報酬に直結する

これ大きいですね。
働けば働いた分だけ報酬になる。働かなければ報酬は減る。
まだ納品終わってないので入金は年末近くなりそうですが……その日が楽しみです。

自分で仕事を請けて、自分の裁量でこなしていくというのは健全ですね。
自分の知らないところで仕事が増えたり減ったり変更されたりして
結果だけ知らされるストレスは皆無です。



■番外.時間が正常に過ぎていく気がする


夕方に洗濯物を取り込んだりしていると一日の時間の流れを実感しますよね。
今日はいい天気だなーとか、日が短くなったなーとか、
そういう当たり前の時間感覚を感じられることが妙に嬉しいです。
一日が正常に過ぎていく……としみじみしたりします。



■悪いこと:来月仕事があるかわからない

まあフリーランスって誰でもそうでしょうが、本当に来月の仕事が来るかどうかわからず不安です。

『情報収集・営業・今の仕事先と良好な関係を築くこと』
これほんと気を使います。むしろそれが全てですし。
仕事先を増やさないと今のところに見限られたら終わりですやばい。怖い。

かといって私、自分ですごい嫌なんですけどストレス受けると精神にダイレクトアタックなので
ストレスに感じるほど自分を追い込まないようにしてます。
ちょっと手を抜くくらいがちょうどいいかなと思いながら動いてます。

フリーランスでやってる人周囲にいないのでひたすら不安。
今度オフ会に参加させていただく予定なので、ようやく先人にお話しをうかがえるのが楽しみです。



■まとめ

来月仕事があるかわからないという不安はありますが、
それ以上に正常に過ぎていく時間、余裕のある心、何より周囲に監視されない環境を得られたことが私にとっては大きいです。
周囲に人がいるってのが本当に駄目だったんだなぁと改めて。。
いやー、辞めて良かった。

なんで辞めたのかの詳細を今ちょこちょこと書いているので近いうちに公開したいです。