綺麗事を書くつもりは無く、ただ友達がいるだけで世界が輝いて見えると思ったことについて書こうとおもいます。



■あらすじ

いろいろあって初めてスカイプをした相手と散々盛り上がりまして、
くだらないオタクの遊びをしていたらとっぷり深夜になったりしまして。
じゃあまた明日!と言って通話を切りました。

~そして次の日~
再び盛り上がり「じゃあまた明後日」となりまして。
そんなかんじで明日また4回目の通話します。

つまり今のところ二日に一回というかなりの頻度で友達と数時間くだらない話をして遊んでるわけです!
その遊びの内容もめっちゃ濃いんですよ。聞いてください、
『刀剣男士のイナイレにおける属性ポジション技構成を本気出して考える』
記事読んでる人に通じるとは思ってませんがそういうオタクの馬鹿な遊びを毎日夜中にキャッキャしてるわけです。 
どうでもいいと思いますけどステータスまで意識し始めたのですごく良いものができてます。わぁい!



■高頻度で友達と話すと何が起こるか

ここからが本題なんですが、私、大学を卒業してからこちらずっと寂しくてですね……。
待ってくださいうさぎ系女子アピールじゃないです。
会社に気楽に話せる相手はいない、家族ともほとんど話さない、人と遊ぶ気力も無い、遊べてもせいぜい週に一度。
学校という常に周囲に友達がいる環境でずっと来たのに、社会人になって急に友達がいなくて寂しくないわけないじゃないですか!?
むしろなんでみんな適応できてるんですか!?!?
寂しくないんですか!?私は寂しい!!!!!!

退職して精神的に安定したことでずいぶん気分は楽になりましたけどね。
やっぱり寂しいなって感じてたわけです。

高頻度で友達とくだらない会話をしていると、
楽しく遊ぶために日中早く仕事を終わらせようって思ったり
明日が楽しみだなって思ったり、
日々にメリハリがつくようになりました。

これってすごいことで。
何もしんどさを感じることなく、健全に「頑張るぞ~」と思える後押しになっているわけです。
小学生の時からずっと友達に感謝して生きてきたつもりですが
ますます友達大事にしようって思いました。

精神衛生上はもちろん、日中のパフォーマンス向上にも大事なことだなと。

きっとこの先もずっと高頻度で、というわけにはいかないでしょうが
もうしばらく遊んでいたいなぁ。


明日はチーム分けを考える予定ですぞ!