刀剣乱舞クラスタが『森記念秋水美術館』と『石川県立美術館』に行ってきました。
北陸は魚が美味しい!



■石川県立美術館

http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/

ClT5yk0UsAAod4E

駅からシャトルバス出てます。
20分間隔の『兼六園シャトル』が、休日100円で安いです。
路線バスも多く出てますが(料金は200円)、路線を間違えたりしかねないので自信の無い人は兼六園シャトルを待てばいいと思います。
21世紀美術館と兼六園がすぐ近くです。

名物 前田藤四郎が展示されてました。
前田は細くて小さくて、きれいにまとまっていていかにも藤四郎!という印象でした。
懐剣ってかんじです。お守りされたい。

「皆様の熱い要望にお応えして~」などとキャプションに書かれてました。
刀剣乱舞っょぃ

刀の展示は前田だけです。
他は甲冑など、加賀藩前田家の所有物が展示されてます。
私、甲冑とかも好きなんですよね……持ち主の体格とかが垣間見えるじゃないですか。面白いです。

『刀絵図』がありまして。
主として豊臣秀吉の蔵刀を簡潔に図示したものです。
小乱、鯰尾、一振が見えるように展示されてたのでとうらぶクラスタの私は舐めるように眺めたわけです。
見えなかったですが、最初は骨喰藤四郎から始まるらしい。
参考:名刀幻想辞典

部屋ごとに異なる展示をしていて
山崎百々雄さんという、司馬遼太郎など歴史小説の挿絵を多く手がけた作家の作品展示もあります。
琳派の展示もありました。
これで360円!!!!!!安い!!!!!!!
しかも毎月第一月曜日は無料だそうで。すごいです。

ちなみに、1階にあるカフェが結構有名みたいです。
スイーツがメインだと店を出てから気づきました。
たまたま接客態度が悪い人に当たったので二度と行きたくないですが。



■森記念秋水美術館
http://www.mori-shusui-museum.jp/

ClT5yhtVAAAi4r7

かなりこぢんまりとした建物です。
注意してないと通り過ぎてしまいそう。
こぢんまりというか、地味なんですよね。住宅みたい。
サイトによると富山駅から徒歩20分だそうです。 車が無くても行けますね。

メインは長曽祢虎徹。他にも正宗とか、来国俊とか、長谷部国重とか。
結構豪華なラインナップだと思いました。
鍔など拵も展示されていて初心者にも見応え抜群! 
個人的には扇形の鍔が見新しくて面白かったです。

あと、小柄の柄の部分だけを大量にしまってある箱?がありまして。
柄だけをずらっと並べてあるんですがこれがかわいい!!!
一つ一つ細工が違って、もうこれ眺めてるだけで幸せな気持ちになれますね。
お金持ち(確か前田家だったはず…)の気持ちが分かります。
思わず写真を使ったクリアファイル買いました。
 
刀以外にも、リードケミカル株式会社さんが収集してきた美術品が展示されています。
国道沿いにポッと立ってるだけの小さな建物とは思えない見応えでした。

ところで、ここへ開館時間前に並んでいたらテレビに取材されてしまいました。
地上派に映ったんでしょうか……



どちらも東京から遠いだけあって客入りはスカスカです。
これが東京や大阪だったら若い女性がかなりいたでしょうね。