HSPとは「Highly sensitive person」の略で、
「とても敏感な人」という意味です。

私自身がHSPなので、最近広まってきたこの概念がどういうものなのか、少し紹介しようと思います。
20171014_0

HSPとは

私はこちらの本を読みました。

HSPとは1996年に心理学者のエレイン・N・アーロン博士が考案したものです。

「敏感」とは何に対して?と思いますよね。
あらゆるものに対してです。
光、音、空気はもちろん、人の気持ち、自分の気持ち、周りの環境…
いろいろなものに対して繊細に感じ取ります。
神経質に見えることもあるでしょう。

これは世界中で五人に一人いるといわれています。
性格とはまた別のものです。
家族がHSPのこともあるし、HSPじゃないこともあります。
遺伝ってするのかな?
内気な性格とHSPは違うので、どこまで遺伝なのかわからないですね…

敏感といっても、何に対してもっとも敏感なのかは人によって違います。
性質の強さも人によって違います。
この性質によって苦しんでいる人もいますし、この性質を活かして活躍している人もいます。
人生の間にこの性質が強くなることや弱くなることもあるでしょう。
HSPではない人がHSP的になることもあります。
敏感な人は一般的に内交的だと思われがちですが、外交的なHSPもいます。
内向的な人の方が多いそうですが。

HSPでぐぐってみると
「傷つきやすいHSP」とか「うつになりやすい」とか「落ち込み気質」とか出てきますが、間違いです。
いや、敏感で周囲の環境に振り回されやすいので、うつになりやすいというのはそうかもしれません。落ち込みやすいのも正しいといえるかもしれません。
が、決して「うつになりやすい気質」「落ち込みやすい気質」ではありません。
あくまで、「敏感な気質」です。
それが悪いほうに働くこともありますが、これを落ち込み気質と言ってしまうと
「鈍感な気質の人は落ち込まない」と言っているようなものですね……鈍感な特性を持った人も落ち込みますよね。

この性質(気質とか特性とかいろいろと言い換えることができますね)は、悪く働くこともあれば良い方向に働くこともたくさんあります。
繊細な味の変化に気がつく
室内の微妙な温度変化に真っ先に気がつく
豊かな感性をはぐくみ芸術分野で活かす
相手の気持ちの変化に気がつく
などが思いつきます。

悪い方に働くと
周囲の環境が思い通りじゃないと不快でたまらない
人の気持ちの変化が怖い
敏感肌で服を選ばなければならない
潔癖症
HSPではない人より多くの情報を処理しているため疲れやすい
などが考えられますね。


HSPで困ること

HSPについて紹介しましたが、
この性質で何が困るかというと、「少数派」であることです。
(少数派だからこそ、この性質には生物的に意義があるそうですが、このへんは長くなるので割愛)
五人に一人の割合でいるといえど、少数派であることには変わりありません。
しかもHSPのほとんどは内交的なのです。
世の中のほとんどはHSPではない人たちによって作り上げられ、動いていると言えます。
なので敏感ではない人たちが決めたルールによって苦しむことがしばしばあるようです。

また、敏感ゆえに、そうではない人に比べてたくさんの情報を常に処理しているので、疲れやすい。

最近HSPという言葉が広まっているのは、
うつ病の理解が広まっていることとも関係があるのでしょうね。
敏感さに苦しみ、けれど周囲の理解を得られないから我慢する……
些細なことに思えることが積み重なって限界に達する……充分考えられることです。
うつとは残業時間が多いだけでなるものではありませんよ。
本当、そこ誤解しないでほしいですね。


私はHSPという言葉を知って楽になりました。
最近そういうことが多いのです。
自分はこうなんだ、こうであることを受け入れていいのだ、
ということがわかって楽になるという経験が。
それまでどれだけ自分を認められてなかったんだ?
そら精神的な不調が出るわって感じですね。
よくうつ病に発展しなかったな……。

自分は敏感である、繊細である。
空気や音や光などを気にするのは、性格が悪くていちゃもんをつけてるんじゃなくて
そういう気質なんだ、と認めることができました。
ていうかいちゃもんってなんだよ……自分の感性全く認められてないですね私……。


HSP、自分かも?と思う人は調べてみてください~書籍もちょこちょこ出ているようですよ。
まだマイナーな概念なので研究者が増えるとうれしいですねぇ。

こちら、原本はアメリカで出版されたものなので、日本とは感覚が違う部分も多々ありますが、良い本だと思います。