京都でイラストレーター交流会を主催したよ!

バナー

関連記事
【京都・丸太町】イラストレーターお悩み相談交流会
「イラストレーターお悩み相談交流会@京都」イベント開催レポ~内容編~

イベント主催に至るまで

自分がフリーでやっていこうと決意して会社を辞めた時、
相談できる相手もおらずとっても不安でした。
相談相手や仕事仲間を見つけないとそのうちどん詰まりになる!と焦りながら交流会を探し、
大阪で開催されていた小さな交流会に参加したのは去年のこと。

参加人数最大10人の小規模な交流会だったので、私は自発的に発言することができました。
参加者同士で親交もでき、そのつながりのおかげで今は相談相手ができて、
自分の生き方について腰を据えて考える余裕ができました。

そんな交流会は決して多くありません。
ましてイラストレーターに特化したものは本当に珍しい。
じゃあ自分が開くしかない!!と決意したのは三ヶ月前のこと。

準備期間

交流会を開くだけならそれほど難しいものではありません。
適した場所をおさえて、告知サイト(LP)を作って、名簿と領収書を作って、宣伝をします。
今回は、いつもお世話になっているカッシーさんにゲストとして来ていただくお願いもしました。
快く引き受けてくださってありがとうございました!

さてLPを公開したあとは、宣伝が大事!
人に来ていただかないと交流会として成立しませんし、
まして私は無名なので宣伝は大きな課題でした。

主にTwitterで宣伝をしていたのですが、その際知り合いが何人もRTに協力してくださって、すごく嬉しい気持ちになりました。
私はまぁ~内気で人を頼るのが下手で、今まで出来る限り人に助けを求めずに生きてきて、その結果人間不信に陥ったりしてました……だから好意的に協力してくれる人がいることがとてもとても嬉しかったです。
SNSでシェアする、たったそれだけの小さなことでも協力しあえる仲間がいるというのは大切なことですね。

また、宣伝の中で新たなつながりができました。

「ライフハックで行こう!」の連載で有名な高田ゲンキさんが、私のイベントを引用ツイートで紹介してくださったのです!

「めっちゃすごい人」というイメージを持っている会ったことも無い方が応援してくれてる!!
感激してリプライを送りつけたところ、応援してますよとお返事してくださいました。紳士だー!
意義があると思って企画したイベントだけれど、
やっぱり素敵な企画だと遠くの方が思っていただけると良かった~!と思いますね。

反省とこれから

開催日が10/1だったのですが、
関西コミティアや他デザイン系イベントと日程がかぶっていたのもあり参加人数は目標に届きませんでした。
その日にイラストレーターが参加するイベントがあるかどうかは事前リサーチが必要なのだなと知ることができました……イベント運営に慣れた方にとっては常識だと思いますが…。
他にも反省点はいろいろありますが、まずは自分が主催するイベントを無事に開催できたこと、
そして参加者のみなさんに「開催してくれてありがとう」と言っていただけたことが本当に良かったです!

何よりやっぱり、イベント運営って楽しいですね。
以前tica ishibashiさんのイベント運営をお手伝いさせていただいた際にも、自分自身が生き生きとしている気がしました。
何をするにも楽しく取り組めることは大切なことです。
楽しいと思えて自分にも参加者の方にもメリットがあるのだから、続けない手はないなぁと思うのです。

関連記事
【大阪・梅田】イラストの現場で役に立つ 超絶美人の描き方講座


年内にもう一度開催したいと考えつつ、まずはリサーチから取り掛かろうと思います。



関連記事
「イラストレーターお悩み相談交流会@京都」イベント開催レポ~内容編~