ブロガーさんの記事を見てると
自分を批判するネット上の暇な人たちを指して

「批判乙www」
「暇ですねwww」

的なことを書いてたりしますよね。

ブロガーにとっては批判されて炎上するのは宣伝になるので
批判とかほんと無意味なんですけど、
今回は批判大好きな暇人さんの話は置いておきましょう。



批判乙って記事を書く心理って
もしかして批判主たちと同じことなんじゃないかと思ったりしました。


自分が否定されると普通は悔しいし残念ですよね。
それを記事にすることで発散してるんじゃないかなぁと思ったわけです。
だって批判乙とか書いてもその記事に宣伝以外の意味って無いじゃないですか。

嫌だなと思う気持ちを誰かにぶつけるという意味で
批判の主たちと根本的には同じなのではないかなぁと。



とはいえ
批判主たちは自分を正体を伏せて言うだけ言っていて卑怯ですし、
ブロガーたちは批判を利用してるのでずっと建設的ですけどね。