自分について考えていると
いつもアダルトチルドレンという言葉にたどりつきます。
まぁそれは別段こだわることではないんですが、
アダルトチルドレンなんてありふれてるってよく言いますよね。

じゃあなんで自分はこんなにも生きづらいと思うんだろうと思うわけです。

ありふれてるのに、普通じゃない。

不思議。

マジョリティであるからといって、生きづらさが解決されるわけではないということでしょうか。
ということは、生きづらい=マイノリティではない?
どうすれば生きづらいと感じ続けずに日々を過ごしていけるんでしょうか。

考え方はそう簡単には変わりません。

とりあえず、認知行動療法の本でも買ってみるところからでしょうか。
それを買うよりもっと優先したい本があるのだけど……。




でも、創作をする者として、生きづらさや憂鬱を全く感じたくないわけではないんだよなぁ。
(だから生きづらいのでは?) 




…趣味で小説なんか書いてる時は、憂鬱でも結構平気なんですけどね。
むしろちょっと落ち込んでる時の方が創作意欲は湧く。

ずっと小説を書いたり好きな絵を描いたりできれば、多少落ち込んでも消化できるんじゃないかと思うんですが。

他の人と自分を比べてしんどくなるんだから、一人の世界にこもってれば平気ってことかしら。

いやぁ、社会生活は難しい。





あ、一応、生きづらいよ~><って主張したいのではなくて
どうしたらもう少し生きやすくなるのかもやもや考えてるんだよってだけです。