毎日寒いですね。
雪の結晶の絵が描きたくなりますよね。

ってことで、イラレを使った雪の結晶の作り方をメモしておきます。

使用しているイラレのバージョンはCS5.5です。
CS6でも同じ事ができます。
他のバージョンでは試してませんが、基本的なツールしか使ってません。



1

長方形ツールで棒を作ります。
線ツールでもいいんですが私は長方形ツールを使ってます。
お好みで。

2

雪の結晶のパーツを作ります。
同じ長方形をコピペして適当に角度つけて短くしただけです。
形はなんでもいいです。

3

ここまでできたら

4

・最初の長方形の中心に合わせてガイドを出します。
・ガイド以外のパーツを選択、グループ化します。
・グループ化したパーツをコピー&同じ場所にペースト。
・リフレクトツール(初期設定でショートカット「O」キー)を選択。
・ガイドに合わせて、「Alt」キーを押しながら長方形の中心をクリック。
・「Shift」キーを押しながら、最初にクリックしたポイントの上か下あたりをクリック。

5
 
すると、二度クリックしたポイントを基準にして反転されます。

6

斜め下方向に延びているパーツが片方いらなかったので削除しました。
今見えているパーツをグループ化します。

6

・回転ツールを選択。ショートカット「R」キーです。
・「Alt」キーを押しながら、回転の中心をクリック。
 最初の棒の下端真ん中部分です。

7

こんなボックスが出てくるので、60°と入力。
「コピー(C)」をクリック。

8

こうなります。

9

「Ctrl」+「D」を押して繰り返します。
10
できました。
説明用に簡単に作ったので不細工ですね…。

パーツを一つ作って、60°ごとにコピーしていく方法です。
雪の結晶は基本的に六角形だそうですが、
30°ごとにしたりしても面白そうです。
同じ要領で可能性は無限大です。